スノーピーク タキビベストとタキビキャップの人気カラーを購入!(デニムのインディゴカラー)普段着でもイケます!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

はい、浦和のキャンパーKazumaです!

Kazuma
Kazuma

年間30泊ほど家族でキャンプで楽しんでます!

キャンプが大好きでもっとうまい肉の焼き方を知りたいということで先日BBQ検定を受けてきました^^

合否の結果は後日ということでドキドキしながら待っています(笑)

さて、今回ですがスノーピークのタキビベスト(TAKIBI Vest)とタキビキャップ(TAKIBI Cap)を購入しましたので魂込めてレビューしていきたいと思います!

こんな方におすすめの記事です

・snowpeakのベストの購入を検討している人

・ベストの特徴や使い方を知りたい方

・購入を検討していてアドバイスが欲しい人

購入に至った経緯やどのように購入したかまで詳細にお伝えしていきます。

ではいきましょう〜^^

タキビベストを購入するまでの経緯

キャンプデビュー時期に感じたベストへの違和感

今ではキャンプに慣れた私ですが、キャンプ歴が浅かった時に疑問に思っていたことがあります。

それはキャンプ場でベストを着ている人を数人見かけるということ。

私の中でベストは釣りをする人の便利グッズだと思っていたので不思議に思っていました。

出典:mybest 私の頭の中はこんなイメージです

近くに川のないキャンプ場でも着ている人がいるので何か理由があるのかなと思っていましたが、そこまで深くは考えず時が経過(笑)

でもアウトドアの玄人に思えてかっこいいな〜と当時は思っていました^^

タキビベストを知ったきっかけ

タキビベストを知ったきっかけはお世話になっているスノーピークの店員さんでした。

購入を検討しているキャンプギアなどで立ち話をしている時に、店員さんがタキビベストを着ていたのでどのような特徴があるのか教えてもらいました。(特徴やメリットは後述します)

感想としては

めっちゃ欲しい!!

でも価格を見ると

税込37,400円。。。

たっっっか!!!(笑)

Kazuma
Kazuma

やーばい(笑)

初めは嘘でしょと思うほど高額でびっくり。

かなり高額なアパレルですが、スノピの店員さんの話では最近デニムタイプのものが人気で、普段着でもコーディネートしやすいとのこと。

割とすぐ判断しないと探している人が多いので完売してしまうようです。

東京の表参道店であればアパレルが充実しているということで在庫があるかもしれないと教えてもらいました。

なんとか購入できないか色々検討した結果Snow Peak Pointが4万ポイントほど貯まっていたのでこのポイントを使って購入しようと思い決意しました!

出典:スラムダンク 第25巻

スラムダンクの安西先生の名言である「断固たる決意」で大人買いです!

いざ、タキビベストの購入へ!snowpeak 表参道店へ!

スノーピークの表参道店はアパレルの旗艦店ということでどちらかというとアパレルに注力している店舗のようです。

Kazuma
Kazuma

表参道はおしゃれな雰囲気ビンビン!

アパレルに力を入れている店舗ということで一見アウトドアショップとは思えないほど洗練された店内。

普通にセレクトショップみたい
夏にかけてのアイテムが多かったです

お目当てのタキビベストですが吊るしで展示されていました!

アースカラーでかっこいい!
気分も高まります!

今回私が狙っているベストは

タキビ デニム ベスト(TAKIBI Denim Vest)

ただのベストではなく焚火の火の粉にも強いベストなんです^^

多少の火の粉であれば穴も開きません。

カラーはインディゴとブラックの2色展開。

カラーについては以下の理由でインディゴを選択

  • 普段着でも着れそう
  • 洗うことでの色落ちも楽しめそう
  • 着れば着るほど自分色にできるから

店員さんにお願いして試着をしてみました。

試着したのはSサイズ
アップでもう一枚

Tシャツ1枚であればSサイズでも良さそうでしたが、寒い冬の着込んだ時を考慮しMサイズをチョイス!

ところが表参道店にはすでにSサイズしか在庫がないとのこと^^;

念の為Mサイズがないか他店舗に在庫があるか確認してもらった結果、神奈川に1つだけあり安堵しました。

マジでギリギリセーフ(笑)

取り寄せて購入することになりました!

Mサイズを試着した感じはこんな感じ。

こちらはタキビ デニム ベスト ブラック Mサイズ

今回サイズでかなり迷いましたが、トレンドとしてはジャストより大きめのサイズを選ぶのが今風みたいです。

ですが本当にどう着るかなのでお好みみたいです^^

私は普段着としても着ていきたいと思いがあったので、ブカブカよりは少し大きめぐらいに留めて「Mサイズ」にしました^^

お目当てのものをGETでき充実感に浸っている中、キャップの売り場を見てみると同じTAKIBIシリーズのデニムキャップがありました。

同じデニム仕様でコーディネート

TAKIBI Denim Cap というキャップで購入したベストとの相性も良さそうということで勢いで購入!

Kazuma
Kazuma

こんなにデニムに注力したことはいまだかつてない(笑)

キャップを被った感じはこんな感じ。

おでこですぎ。

店員さんのアドバイスもあって大満足のお買い物ができました!

キャンプやアウトドアが好きな人で表参道に足を運ぶ際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

地図も貼り付けておきましたので近くにいる際はお使いください^^

タキビ デニム ベストの特徴を徹底レビュー

ここからはタキビ デニム ベスト(TAKIBI Denim Vest)の特徴をしっかり丁寧にお伝えしていきます^^

現在購入を検討されている方のお力になれたら嬉しいです。

ではいきましょう!

特徴① 洗練されたセンス◎なデザイン

スノーピークのタキビ デニム ベスト(TAKIBI Denim Vest)は・・・

何と言ってもかっこいい!

Kazuma
Kazuma

個人的にはこれに尽きます!

スノーピークはキャンプギアについても洗練されたデザインかつ品質も高いので、長くキャンプをされる人はおすすめのブランドです。

とは言っても買い物した後に後悔したくない性格なため、リサーチはかなりしました。

色んなアウトドブランドのベストを比較しましたが、スノーピークはデザイン性が高いと口コミ評価されているのが多かったです^^

ユニセックスで使えるデザインなのでみんなで着れば統一感も出て楽しいかもしれません^^

個人的には最大のネックは価格だけでしたね^^;

特徴② 普段着でもイケちゃいます

白Tとの相性がGOOD!

キャンプをする際はもちろん活躍しますがタキビ デニム ベスト(TAKIBI Denim Vest)はデニム感があるため普段着としてのコーディネートもイケちゃいます。

以下の生地を画像を見ていただければデニム仕様を感じていただけると思います。

生地だけで見ればジーパンと区別がつかない

最近ではベストが流行っているみたいで、アクセントで取り入れる人もいるようです。

おしゃれのアクセントとしても使えますね^^

ただ羽織るだけなのでめっちゃ楽!

せっかく数万もかけて購入するなら最大限使いたいですよね(笑)

チャックを開ければよりラフ感が出ます

パーカーとの相性もいいと思います^^

着替えて撮影するの恥ずかしかった^^;

普段着としても着れば着るほど自分色になってくると思いますのでこれからが楽しみ!

キャンプギアとしても使えて普段着としても活躍できるハイブリットな名品だと思います^^

特徴③ TAKIBI spec

「TAKIBI spec」がどのようなものか簡単に結論を言うとすれば

【火に強い】

と言うことです。

難燃性の素材を使うことにより多少の火の粉であれば穴も開かないスペックで作られています。

商品開発を繰り返し、現在はアラミド糸100%生地で作られており、燃えにくい生地を採用しているとのこと。

アラミドは消防服にも使われていて、約400度ぐらいの熱であれば耐えれるようです。

カモン 火の粉!笑

焚火をすると火の粉が舞い上がったり、急に飛んできて洋服に穴が開くことがありますがTAKIBIベストを着ていれば防御力は上がりますね^^

今回はTAKIBIベストの紹介ですがTAKIBIシャツやTAKIBIパンツもあるので火の粉対策を万全にしたい人は必見ですね!

また少し余談ですが値札に以下の記載がされていました。

石灰石から生まれた環境に優しい素材(LIMEX)を使用しています

地球環境にもやさしい素材で作られていて好感が持てますね^^

自然を大切にするキャンプ愛を感じます。

特徴④ 豊富な機能性!使い方を公開!

では、実際にどのような使い方ができるかご紹介していきたいと思います^^

大きく分けて6つのパーツで構成されています。

6つのパーツを使い切ろう!

フロントサイドポケット

フロントポケット

バックポケット

サイドフック

フロントフック

フロントボタン

このパーツを使い切ればキャンプでも普段着でも手ぶらの状態にすることができると思います^^

では1つづつレビューしていきます。

フロントサイドポケット

まずはフロントサイドポケットです。

フォロン下部に2つほどポケットがついています。

開封口はマジックテープで留めることができます。

携帯電話などは余裕で入る収納能力です。

鍵などの小物関連もある程度ここに収まります^^

フロントポケット

続いてはフロントポケットです。

胸から腹部にかけて両サイドに収納スペースがあります。

フロントサイドポケットより大きくてすぐ出し入れしたいものがあった場合に便利に使えます^^

実際に財布を入れてみました

財布やペットボトルなども入れることができます。

フロントポケットの収納スペースはフロントサイドポケットの裏部分まであるのでかなり深いです。

そのため長財布なども余裕で入れることができます^^

キャンプの際でもすぐ取り出したいものを入れるといいですね。

例えば手袋、火吹き棒、ウェットティシュなどが入っていればわざわざ探し回らないで住むのでめっちゃ便利!

嬉しい機能です^^

バックポケット

続いてはバックポケットです。

バックポケットは買い物袋のように多くのものを入れることができます。

この大量の薪も

手で運ぶと一度では難しい量の薪
入れます入れます!!
薪は全部入りました!

バックポケット・・・君は神なのか(笑)

本当いいアイデアですよね!

手で運ぶより全然楽に薪を運べてしまいます^^

キャンプ場の薪は管理棟で購入して自分で持っていくことが多いのですが、重い時や量が多い時は大変でした。

今後はこのバックポケットに薪を入れて移動したいと思います!

普段使いとしてはノートパソコンはすっぽり入りますので私服出勤の人は手ぶらで行けちゃうかもですね^^

サイドフック

いつもハンマーと共に^^

続いてはサイドフック!

腰部分の両サイドにフックできるようになっており、ハンマーやペグを引っ掛けることができます。

テントやシェルターを効率的に設営できるのでとても便利です。

あれ?ハンマーはどこにいった?

みたいに紛失することもないので迷わずに済むのが本当にいい^^

フロントフック

雪峰祭限定のたねほおずきカーキを垂らしてみました

続いてはフロントフックです。

フロントフックはフロントサイドポケットの下部から出ている輪っかになります。

上記の画像のように足元を照らすためのライトなどを吊るしてもいいかと思います。

夜のキャンプ場は真っ暗になる場合が多いのであると便利ですね。

またカラビナを使う人はフロントフックにかけておくとすぐに使えて便利ですね^^

出典:yahooショッピング

フロントボタン

着用した時の目線です

最後にフロントフックです。

フロントボタンをつけながらチャックは開けながら着ると言う着こなしも可能^^

2つのボタンを閉じれば、小物類を引っ掛けることも可能。ちょっとしたミニランタンやサングラスもかけられます。

こんな感じでミニランタンをかけるのもあり
お気に入りのベアボーンズを引っ掛けてみました^^

フロントフック同じ使い方になりますのでどちらかお好みでいいかと思います^^

引っ掛けてみたのはこちらのベアボーンズというミニLEDランタン!

フォルムに一目惚れして購入しました^^

電池で簡単に点灯します。

下記の画像はフロントボタンではないところにサングラスをかけましたが使い方の幅はたくさんあります^^

お気に入りのサングラスを!

僕はレイバンのWAYFARER!

自分が好きなアイテムを長く使っています^^

まとめ

色紹介したものをセッティングしてみました^^

いかがだったでしょうか!

タキビ デニム ベスト(TAKIBI Denim Vest)を紹介してきました^^

このベストはアパレルですがもうキャンプギアと言っても過言ではないほどキャンプを効率的に楽しませてくてれるものだと感じています。

購入を検討されている人や興味がある人の参考になっていれば嬉しいです^^

は、Bon voyage!

良き旅を!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA