スノーピーク エントリーIGTは変幻自在の付加価値◎のキャンプテーブル!コスパもGOOD!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

はい、浦和のキャンパーKazumaです!

たかがテーブル、されどテーブル!

キャンプでテーブルは必須ギアですので使い勝手のいいテーブルを使いたいですよね^^

今回は我が家で使い倒しているスノーピークのエントリーIGTの紹介をしていきたいと思います。

このテーブルただのテーブルではないんです・・・

Kazuma
Kazuma

かなりオススメのアイテム!

こんな方におすすめの記事です
  • エントリーIGTの購入を検討している
  • エントリーIGTの使い方を知りたい
  • エントリーIGTの拡張機能を知りたい
  • snowpeakでアイテムを集めようとしている人
  • キャンプで使うテーブルを探している人

このブログでエントリーIGTの魅力を感じてもらえると思います。

ではいきましょ〜う^^

エントリーIGTの基本情報

設営するとこんな感じ
サイズ865×440×400(h)mm
重量6.5キログラム
収納サイズ832×440×50(h)mm
セット内容本体、天板(1ユニット×2、ハーフユニット×2)
スペック集成材、アルミニウム合金、スチール(クロールメッキ)
本体と天板が合計4枚です。

エントリーIGTは天板が取り外せるようになっています。

左が「ハーフユニット」、右が「1ユニット」
結構しっかりした収納ケースが別売りで販売されています^^  マルチパーパストートバックMサイズ

商品名にある「IGT」が何のことか知らない人は以下をご覧ください^^

IGTとは

イアン リル ーブル」の頭文字を取って「I•G•T」

自分好みのシステムキッチンを作れるカスタマイズ要素の高いテーブル^^

いくらでも拡張できてしまうので「沼」と表現するキャンパーもいます(笑)

エントリーIGTの取り扱い説明書についてはこちらをクリック。

Kazuma
Kazuma

沼にハマるとお金が足りません(笑)

エントリーIGTの設営方法

では、設営方法です。

設営はめちゃくちゃ簡単!シンプルな構造なので1分もかからず設営できます。

まず折り畳められている脚を立てます。

その際、補強バーがあるので忘れずにセットします。

出典:スノーピーク公式サイト
出典:スノーピーク公式サイト

補強バーをロックさせたらテーブルを立てます。

キャンプ場は平らではないところもあるので、できるだけ平らなところで使います。

その後、天板を乗せて完了^^

これで多少重たいものを乗せてもグラグラすることはありません。

一応30キロ以下までなら耐えられます^^

設営に時間がかからないので素晴らしい!

Kazuma
Kazuma

木目の板でおしゃれ度も高い!

【伝えたい!】エントリーIGTの楽しみ方

ではエントリーIGTの楽しみ方を伝えていきます^^

付加価値◎のエントリーIGTを使い倒してキャンプを楽しみましょう!

誰もが思うテーブルは以下のようなテーブル。

出典:キャプテンスタッグ公式サイト

テーブルとしての機能は十分なのですがキャンプを経験すると以下のような悩みが出てきます。

普通のテーブルに関する悩み
  • ただの物置になってしまう
  • キッチンスペースを別で用意する必要がある
  • 拡張性はなくテーブル以外の機能がない
  • 効率の良い使い方ができない

エントリーIGTはこのような悩みに対してしっかり解決させちゃう優秀なテーブルさんです。

Kazuma
Kazuma

少し値が張るけどGOOD!

考え尽くされた機能拡張テーブル!

エントリーIGTは天板を外してワンユニット分のスペースをあければ以下のようなスノーピークのギアと連動して拡張することができます!

  • マナイタセットL
  • グリルバーナー 雪峰苑
  • フラットバーナー
  • ギガパワー プレートバーナーLI GS-400(廃盤)
出典:スノーピーク公式サイト

まな板を通常使う際はテーブルに置いて使うと思うのですが、エントリーIGTにはマナイタセットLがちょうど収まるサイズで設計されています。

普通はそのままテーブルにまな板をセットしますが・・・
綺麗にセットすることができます

セットすることでまな板がズレることなく調理場として場所を確保できます^^

バーナーについても同様です。

テーブルにそのまま置いてしまうと使えないことはないけれど、テーブルの使用可能面積がグッと狭くなります。

これでは困る・・・

お世辞にも効率的とは言えない・・・

ですがバーナーについても連結できるよう設計されているので綺麗にセットできます^^

バーナーがテーブルから落下することもないので安全面も安心。

セットの方法も上からはめるだけで簡単!

セットする位置は1ユニット分のスペースが空いていれば左右に寄せることも可能です^^

綺麗にセットするとかっこいい!

テーブルのスペースを効率的に使えることで色々なところに移動する必要もなくなり調理をエントリーIGTのスペースで完結できてしまいます。

ハンバーグを作って、手作りハンバーガーを食べました^^

また以下のようなレイアウトにすればテーブルが・・・

「システムキッチン」に早変わり!

最高ですね^^

素敵やん・・・

食材をまな板の上で切って隣接されているバーナーで調理^^

流れ作業で料理することができます。

Kazuma
Kazuma

考え尽くされた機能拡張テーブル!

またエントリーIGTに「雪峰苑」をセットすれば焼肉も楽しめます。

雪峰苑については以下のブログでも詳しく解説しているのでご覧ください。

スノーピーク 雪峰苑をブログで徹底レビュー!キャンプや家でも最高のお肉ぅ〜!!

ただしここで注意事項が!

注意!
  • 天板の近くまで高熱を発する燃焼機器の場合は熱に強いステンレスの天板に切り替えがオススメ
  • 木の天板を使うと火傷等の恐れがあります

ということで我が家ではエントリーIGTの中に雪峰苑をセットする際はステンレスの天板を使用しています。

ステンレスは熱くなりにくいですからね^^

ステンレストレー1ユニット

こちらの天板はスノーピークで購入が可能です。

僕の経験上、フラットバーナーやギガパワー プレートバーナーLI GS-400ぐらいであれば木の天板でやってしまっていますが、雪峰苑で焼肉をする際はステンレストレーに切り替えるようにしています。

エントリーIGTに雪峰苑とステンレストレー1ユニットをセットするとこんな感じです。

焼肉屋の完成^^

別売りのステンレストレーが必要ですが、用途に合わせて対応できる拡張性は魅力的です。

エントリーIGTに連結して熱々のお肉を食べましょう!

エントリーIGTは用途に合わせて拡張できるところストロングポイントです

Kazuma
Kazuma

何食べるか考えるのがワクワク^^

自由自在にテーブルをカスタムできる!

出典:スノーピーク公式サイト

エントリーIGTだけではスペースとして狭い場合は拡大することも可能です。

その場合以下のギアが別途必要になります。

  • マルチファンクションテーブル
  • IGT アイアングリルテーブル 400脚セット

マルチファンクションテーブルには穴に差し込むことができる金具が付いています。

この穴をエントリーIGTの端っこにある穴に入れ込みます。

あとはIGT アイアングリルテーブル 400脚セットをマルチファンクションテーブルにセットして立たせてあげればOK。

このようにスペースを拡大することができます。

自分なりのベストのレイアウトを考えるのも楽しみの1つですね^^

Kazuma
Kazuma

マルチファンクションテーブルは結構高額(涙)

ローチェアとの相性が◎

エントリーIGTの高さは400mmなのでチェアはローチェアが一番相性がいいです。

我が家ではローチェア ショート アイボリーを使用しています。

立ち上がりも楽で座った感じも最高です^^

エントリーIGTのようにロースタイルでキャンプを楽しむのであればチェアもロータイプがいいですね。

スノーピーク ローチェア ショート をブログで本音レビュー!椅子の質はキャンプの質に比例する!?

今回紹介したキャンプギア

今回紹介したキャンプギアをまとめましたので参考にしたい方はご覧ください。

まとめ

今回はエントリーIGTの紹介をしていきました。

これからキャンプを始めようと思っているビギナーの人にもガッツリキャンプをしていく人にもオススメのテーブルです。

自分なりの最高のレイアウトを探してみてはいかがでしょうか^^

では、Bon voyage!

よき旅を!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

2 COMMENTS

Kazuma

大変失礼しました!
エントリーIGTの収納ケースは別売りです。
マルチ パーパストートバッグMサイズという収納ケースがあるのでそちらを購入するとピッタリ入ります。
ご指摘いただくまで気づくことができませんでした。
ブログの内容も更新します。
ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA