【完全版】長瀞キャンプヴィレッジの魅力や各サイトの特徴をブログで紹介!まさかの蒸気機関車が!?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

はい、浦和のキャンパーKazumaです!

久々のキャンプ場レビューです^^

真夏のキャンプは設営等で汗だくになる!

ということで7月末に長瀞のキャンプ場で遊んできました。

その名も・・・

『長瀞キャンプヴィレッジ』

川沿いのサイトであれば荒川も覗くこともできます^^

緑に囲まれ山々の景色も最高に綺麗でした!

Kazuma
Kazuma

長瀞には川があるしキャンプ場が多いね!

マミちゃん
マミちゃん

予約して大満足のキャンプ場だったね!

ミッフィー
ミッフィー

白い煙を出す電車も見れたね!

こんな方におすすめの記事です

・長瀞キャンプヴィレッジでキャンプを検討している人

・長瀞でキャンプ場を探している人

・キャンプが大好きな人

このブログでわかること

・長瀞キャンプヴィレッジの魅力がわかる

・サイトの雰囲気や特徴がわかる

・売店や施設の情報もわかる

余談ですが、長瀞には「長瀞オートキャンプ場」というキャンプ場もあります。

こちらも人気のキャンプ場になりますので、興味がある方はこちらのブログもご覧ください^^

キャンプ場予約サイトのなっぷでは殿堂入りのキャンプ場です。

土日はなかなか予約が取りにくいかと思います!

【完全版】長瀞オートキャンプ場 各サイトの特徴をブログで紹介!なっぷAWARD を受賞したキャンプ場

ではいきましょう!

基本情報

まずは基本情報を整理しましたのでご覧ください^^

  • 住所:〒369-1311 埼玉県秩父郡長瀞町岩田483
  • 電話番号:0494-66-3817
  • アクセス:関越自動車道 花園ICから秩父方面へ約25分
  • 駐車場:有り 場内に乗り入れOK
  • 営業期間:シーズン営業 3月1日より11月30日まで
  • 売店:有り
  • チェックイン:テントサイト12:00〜 バンガロー14:00〜 ※アーリーチェックイン有り10時〜(1,000円)
  • チェックアウト:8:30〜11:00 ※レイトチェックアウト有り16時まで(1,000円)
  • サイレントタイム:22:00以降 消灯は23:00
  • 決済方法:現金のみ
  • ペット:可  バンガローはNG
  • ドッグラン:無し
  • 売店:薪、炭、アルコール、その他グッズ
  • レンタル品:有
  • 音楽:迷惑にならない程度で可
  • キャンセル料:ご利用日8日前までのキャンセルは無料
  • 温泉:有  
  • トイレ:洋式
  • ゴミについて:空き瓶、空き缶、燃えるゴミ、ペッドボトルは捨てられます
  • 自動販売機:あり
  • 遊び場:有り(ブランコ等)
  • 花火:手持ち花火のみ可

予約は全てオンラインですることができます^^

関越自動車道の花園ICから約25分で到着なのでアクセスもいい感じです!

公式HPをご覧になりたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

周辺情報が知りたい方は地図を用意しましたのでご覧ください。

Kazuma
Kazuma

インスタもチェックするとキャンプ場の雰囲気がわかるかと!

インスタはこちらをチェック!

耳寄り情報!なるべく早くチェックインが吉です!

ここで耳寄り情報です^^

長瀞キャンプヴィレッジには早めにチェックインしましょう!

なぜかというとチェックイン順でサイトを選ぶことができます^^

なので早い者勝ちで空いているサイトを選べることができます。

キャンプをする際、景色を大事にしている人などは早めにチェックインすることをおすすめします。

次からはおすすめのサイトや各サイトの雰囲気をレビューしていきますので是非参考にしてみてください^^

おすすめのサイト教えます!各サイトの雰囲気をレビュー

全体MAPです

ここからは各サイトの雰囲気とおすすめのサイト場所を紹介していきたいと思います^^

チェックインして坂を下っていくと下記の画像のような場所に到達します。

LサイトとRサイトの分かれ道
サイトは大きく分けて2種!

・橋を越えて左方向にいくとLサイト

・橋を越えずに右方向にいくとRサイト

大きく分けてLサイトとRサイトということになります。

全部で大体80サイトぐらい!

どこがいいのか迷いますよね^^;

このLサイトとRサイトですが各々特徴があるので紹介していきます!

LサイトとRサイトのおすすめの場所も紹介しちゃいます^^

Lサイトの特徴

Lサイトのおすすめのサイトは

ズバリ・・・

【荒川が眺められる川沿いのサイト】

です!

具体的にはこちらのMAP画像の星部分が特におすすめの場所です^^

Lサイトのおすすめ場所^^

Lサイトの奥のほうがプライベート感もあり、荒川や山々も楽しめる非常におすすめのサイトです。

出典:長瀞キャンプヴィレッジ

奥でなくても川沿いであれば、荒川と抜けた景色が広がっていますので非常に気持ちがいいと思います。

Lサイトの奥のほう
川沿いのサイトの雰囲気はこんな感じです
Lサイトから覗ける荒川

川を覗き込むとこんな感じ

天気が良ければ綺麗で鮮やかな緑と壮大な川で癒されると思います^^

ちなみに荒川は泳ぐことは禁止。

川沿いでないサイトもありますが、個人的には川沿いが断然おすすめ!

Lサイトの川沿いではないサイト

ここまでLサイトの良いところを挙げてきましたが1点ほど注意点です。

Lサイトで注意する点

全体的に木々が少ないため日陰が少ない^^;

そのため真夏の時期はタープが必須です!

もう一度言います

「タープが必須です」笑

暑すぎてキャンプどころではなくなる可能性も^^;

Lサイトは木々が少ないのでとにかく日陰が少なかったのが印象的です。

日陰が少ないのでタープは絶対に持って行ったほうがいいです^^

Kazuma
Kazuma

熱中症のリスクもあるので気をつけよう!

Rサイトの特徴

Rサイトの42番で家族で記念撮影

私たち家族はRサイトでお世話になりました。

具体的にはRサイトの39番です^^

Rサイトの39番

そんなRサイトのおすすめのサイトは

ズバリ・・・

【眺めの良い山々と蒸気機関車見えるサイト】

です!

具体的にはこちらのMAP画像の星部分が特におすすめの場所です^^

僕たちがお世話になったRサイトの39番も星部分ぐらいの場所になります^^

ここのサイトは個人的には大満足!

画像も含めて魅力や雰囲気を紹介していきます^^

緑豊かな山々の景色が楽しめる^^

天気がいいと空の青さと山々が本当にGOOD。

サイトの広さについては狭さは感じません。

大きなシェルターでも問題なく設営できます^^

家族全員で設営^^

我が家はスノーピークの雪峰祭限定ランドロックで結構大きいのですが狭さは感じませんでした。

ペグも簡単にさせました^^

サイトから少し覗き込めば荒川の景色も眺められる!

前日雨だったのか結構な勢いの水量でした。

Rサイト39番から撮影した荒川

夕方になるとなんともエモい空が広がりました^^

パープル色の空が広がりそろそろ夕飯の準備を知らせてくれる景色です。

しかし本当にいろんな景色を楽しませてもらいました!

この景色はエモすぎる!

少し暗くなってきてからは焚き火をしながら景色を堪能!

チルな時間を楽しみました^^

焚き火するためにキャンプに行くと言っても過言じゃない!
Kazuma
Kazuma

大切な人と火を囲いながらの会話は格別!

娘も楽しそう^^

またRサイトのおすすめサイトからは蒸気機関車を眺めることができます^^

普段都心に住んでいるとなかなか見れないので電車好きのお子さんがいる方は絶対このサイトを取りましょう!

ブログでどのような蒸気機関車が楽しめるのか紹介したかったのですが・・・

僕自身が夢中で写真を撮るのを忘れてました笑

迫力もありましたので是非みなさんの目で実物を楽しんでいただければと思います^^

蒸気機関車以外の電車も定期的に通っていました。

2両ぐらいの電車で夜も通り、癒されます。

こちらは動画を撮影しましたのでご覧ください^^

またRサイトはLサイトより木々が多いサイトでした!

従って夏はこちらの方が涼しく過ごせるかと思います。

夏の時期ならRサイトの川沿いを強くおすすめします^^

RサイトはLサイトとは逆の弱点が・・・

Rサイトで注意する点

川沿いは木々が多いため冬の時期はテントが乾かしづらい^^;

夏は全く問題ないですが撤収を早朝からしたい人はテントに霜が降りて濡れていることが多いと思います。

早く撤収したい方は日当たりがいいLサイトの方がいいかもしれません。

Kazuma
Kazuma

今度はLサイトも行ってみたい!

長瀞キャンプヴィレッジの魅力

出典:長瀞キャンプヴィレッジ公式サイト

なんと・・・

長瀞キャンプヴィレッジには・・・

温泉があるんです!

その名も・・・

【ランタン温泉】

100年以上の歴史があるハリケーンランタンが温泉の空間を照らし、キャンプの雰囲気を感じながら温泉が楽しめます^^

もう・・・SAIKOOOOU!

アルカリ性のお湯でお肌がすべすべになりました^^

天然温泉は魅力的ですね。

10人ぐらいは入れる大きさですのでゆったりできます。

シャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤーもありましたので、キャンプに行きながらスッキリ^^

実際に温泉で使われているランタンはフュアハンドランタン!

私も持っているのですが優しい灯りを灯してくれるキャンパーに大人気のランタンです。

灯油で着火できるのでランニングコストも安く大好きなランタンです^^

雰囲気のある空間を作れるランタンです!
Kazuma
Kazuma

キャンプ宿泊者は無料で入れます!

有料になりますが貸切風呂もありましたので、よりプライベートな時間を過ごしたい人は貸切でもありですね^^

家族みんなで入ってもいいですね^^

長瀞キャンプヴィレッジの施設を紹介

受付管理棟

ここからは施設の紹介をしていきたいと思います^^

これから予約を検討される方は参考にしてください!

受付管理棟

受付管理棟でチェックインです^^

まず受付管理棟です。

レトロな車とバイクがディスプレイとして飾られておりました^^

このようなおもてなしは嬉しいし気分もアゲアゲ。

思わず乗ってみたくなる

中に入ってみると・・・

ランタンがたくさんあります

キャンプギアが飾られていておしゃれな空間でした^^

ちなみに先ほど紹介した温泉は受付管理棟から入れます。

管理人さんにお声がけして温泉に入るようになっていました。

また売店もあります!

公式サイトに細かく値段まで掲載されていましたので、詳しく知りたい方はこちらをクリック^^

レンタル品もありました。

売店には小物類も販売されています

売店にはキャンプ場のオリジナルTシャツなんかも販売されていました。

キャンプ場に行った記念にいいですね^^

カップ麺や調味料も販売されています。

売店の商品

お酒やアイスも販売されています。

お酒が切れても安心^^

秩父では知らない人はいない秩父サイダーや秩父コーラなども販売されています。

250円と普通のソフトドリンクより少し値が張りますが、思い出にプシュと飲んでみたくなります^^

キンキンで美味しそう!

そして焚き火好きのキャンパーさんお待たせいたしました!

もちろん薪も販売されています!!

薪や炭も売店で買えます

薪は1束400円

こちらは針葉樹。火持ちがそこまで良くないです。

火持ちが良い広葉樹がバラ売りで1本づつ100円で売られているので合わせて購入するのがおすすめです^^

広葉樹は1本100円

どうせならじっくり焚き火を楽しみたいですもんね!

薪を事前に購入しておきたい人はこちらでの購入がおすすめです^^

キャンプ場で販売されている薪は太いものもあったので場合によっては斧があるといいですね^^

Kazuma
Kazuma

薪割りで薪がパーンと割れる瞬間が快感!

小川

夏の川は最高です

続いては小川の紹介です。

深さはないのですが、キャンプ場内に子供が楽しめる感じの小さな川が流れていました。

カニやアメンボを見つけて娘とキャッキャしてました^^

個人的にはガッツリ川に浸かりたい派なのですが、小さい子供であれば安心ですね。

結構冷たかったです

我が家の愛犬のぷー君も人生初の川にチャレンジ!

基本ビビリなので最初は震えていましたが、途中からは安心したのか足を入れて散歩^^

暑かったので少しは涼めました。

ぷー君です

川に入るのであればマリンシューズがあると怪我のリスクもだいぶ減るのでおすすめです^^

一足あるだけで長く使えるので満足度が高い買い物になるかと思います!

遊具

木製の手作りアスレチック

Lサイトの方に遊具がありました!

そこまで種類が多いわけではないのですが小さなアスレチックとブランコです^^

このてのブランコはテンション上がる!

子供にとっては遊具は大事な要素なので少しでもこのような環境があると一緒にキャンプが楽しめていいですね^^

よっこいしょ

娘よ大きく羽ばたけ!!!

洗い場

洗い場

洗い場は結構多い印象でした。

少ないと大行列になるので、このように洗い場の数が多いと嬉しいですね^^

しかも綺麗に清掃されていますし、ハンドソープもある!

キャンプでは結構手が汚れるのでおもてなしの心を感じました。

ハンドソープのサービスも

お手洗い

管理棟おりてすぐのお手洗い

続いてお手洗いです。

とても綺麗に清掃されていました。

もちろん外なので多少の虫もいる可能性はありますが、蜘蛛の巣もなく、こまめに清掃されている印象です^^

洋室のトイレも完備されています。

洋室のお手洗い

トイレットペーパーの予備もばっちりで電気も備えられているので夜も安心。

男性用のお手洗い

最近はトイレが綺麗なキャンプ場が増えてきているように思います。

みんなが気持ちよく使える場所の方がいいですもんね^^

自動販売機

自販機も設置されていました。

受付管理棟が閉まった時でもソフトドリンクが購入できるのは安心ではあります。

ただやはり少し割高でした。(当たり前ですが)

ゴミ捨て場&灰捨て場

ゴミ捨て場

続いてゴミ捨て場と灰捨て場の紹介です。

ゴミ袋については特に指定はなし。

大きく分けると空瓶、空き缶、燃えるゴミ(生ゴミ、可燃ごみ、ペットボトル)に分けてキャンプ場で捨てさせていただけるルールです。

ガス缶は持ち帰りとのこと。

灰捨て場

続いては灰捨て場。

LサイトとRサイトの奥の方にした人は少し歩きながら灰を捨てることになると思います。

焚火台も結構重たいので少し大変です。

少し楽をしたいならロゴスのお掃除楽ちんシートが大活躍!

焚火台を汚したくない人は事前にこのシートを敷いてから焚き火をすればシートだけを捨てに行けばいいので楽です^^

ここで焚火台を洗える

灰捨て場の隣に焚火台を洗えるスペースもありました。

ここでガシガシ洗えます^^

我が家のキャンプ日記

愛車のラングラー

いつかこのブログを娘が見てくれる日を期待しながら共有したいと思います。

手伝ってくれるようになりました

娘も小学2年生。

どんな人にも優しい人でいてほしい^^

設営中

我が家のメインシェルターはスノーピークのランドロックPro. RED FRAME EDITION!

2021年の雪峰祭で限定アイテムとして販売されており、一目惚れして購入。

かなり高額でしたが今では大満足です^^

スノーピークのIGT

今回はスノーピークのIGTロングを使って円卓スタイルでキャンプを楽しみました^^

みんなで囲えていい感じのスタイルです。

IGTは色々奥が深いので是非こちらのブログもご覧ください^^

完全版 スノーピーク IGTの使い方&レイアウトを公開!IGTの悩み解決します!
お気に入りの焚火台
焚き火はいいですね

スノーピークの焚火台L。

重たいのですがかなり丈夫でタフなギアです^^

我が家はこれで火を眺めて楽しんでいます!

リラックスタイム

愛犬のぷーを膝に乗せて焚き火タイム。

2人で自然の中でゆっくりできました^^

まとめ

いかがだったでしょうか!

今回は長瀞キャンプヴィレッジのレビューをしてきました。

天然温泉や蒸気機関車も眺められるという他のキャンプ場では味わえない魅力がありました!

予約を検討されているみなさんもきっと素敵な時間を過ごせるかと思います^^

Kazuma
Kazuma

温泉気持ちよかった〜

では、Bon voyage!

よき旅を!

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA